業者を使わずに現金化するなら、自分の知識や目利き力を生かせる分野を狙うと良いでしょう。

MENU

高額取引される商品

業者を使わない現金化では換金性の高い商品を買う必要があります。
高額取引される現金化で人気の商品を、カード規約違反のリスクなど利用時の注意点を添えて紹介します。

 

 

新幹線の回数券

新幹線のイメージ写真

自動券売機から手軽にカード決済できて、チケットショップに持って行くと
買値の93%以上で現金化できる場合
があります。
東京-名古屋・大阪など人気路線は条件が優遇されます。
昔から業者を使わない現金化ツールとして重宝されてきましたが、回数券を自分で使う明確な理由と証拠がないとカード規約違反になってしまいます。
業者を使わない現金化でもっともペナルティを受ける事例が多い商品です。

 

Amazonギフト券

2017年頃から新しい形のクレジットカード現金化として普及しています。
Amazonギフト券はカード決済するのが基本で、現物がなくてもギフトコード、Eメールタイプの活用など情報だけで売買できます。
来店不要で利用できて、安全かつ高レートで現金化できることでブームになりました。

 

しかし、現在は現金化目的で売る人が増えて供給過多状態になり、買取レートが下落しています。
店頭表示よりも条件が下がるトラブル事例が多いので注意しましょう。
大黒屋など大手チケットショップではAmazonギフト券の買取に対応していなく小規模業者の利用に限定され、現金化業者を使うのと同様に業者の見極めが重要です。
ブームになった当初に比べて条件が下がっているので利用する価値が下がっています。

 

高額取引される金

金はデザインを施されたものは再販価値が低く、インゴットと呼ばれる塊にした物が高額取引されます。
金は安全資産と呼ばれ現金化目的ではなく資産運用で買う人も多いですが、短期的なレートの変動は少ないです。
そもそも金インゴットはカード決済できない業者も多く、一部の通販で売っているカード決済対応のショップは本来のレートよりも高く設定されています。
安全性が高く、手堅く60~70%の換金率になりますが、現金化としての需要はそれほど高くありません。

 

 

ルイ・ヴィトン

ブランド品の中でも再販価値が高くて人気なのがルイ・ヴィトンです。
ブランド品や貴金属、高級時計は販売価格の相場よりも人気の有無で買取レートが変わってきます。
ヴィトンは富裕層から一般の人まで人気が高いので安定した値段で高額取引されています。

 

ギフト券、商品兼

種類によって換金率が大きく変わってきます。
VISAギフトカードなど使えるお店が多いものや、お釣りが出るタイプが高額取引されます。
ただし、カード決済で購入できるタイプが少なく、カード規約違反になりやすいデメリットがあります。
少額の現金化であればQUOカードがおすすめです。

 

再販価値を求めるなら好きなジャンルで勝負する

 

中古や個人売買、正規店ではない質屋などで高額取引される商品は多数ありますが、現金化で重要なのは買値と売値によって計算した換金率です。
再販価値が高い商品を見極めるには、自分の好きなジャンルで勝負すると良いです。
たとえばサーフィンやスノーボードが好きな場合は、中古で割安なものをカードで買って個人売買で売ると買値よりも高く売れることがあります。
バックや洋服なども好きなブランドであれば人気が高い限定品を見極めるのが簡単です。
業者を使わずに現金化する場合は、他の人の真似をするのも悪くないですが、自分の知識や目利き力を生かせる分野を狙うのも有効です。