最新ゲーム売買は高換金率で現金が得られるクレジットカード現金化です。

MENU

裏技④最新ゲームの換金率は?

ゲームをプレイする人

 

1万円以下の資金調達は最新ゲームを活用する方法がオススメです。
業者を使って売買しても82%以上、個人売買を活用すればさらに換金率を高めることができます。
ただし、店頭で安く買える業者がなければ通販を利用する必要があり、個人売買の場合は取引に時間がかかり売れる保証のないデメリットがあります。

 

 

管理人の経験談

管理人は実際にスイッチ版のゼルダの伝説プレスオブザワイルドをAmazonで6,500円ほどで購入し、今はサービスが終了してしまいましたがメルカリ アッテで6,000円で売りました。
換金率92.3%なので少額利用としては異例の好条件です。
ちなみに、大手ゲーム買取ショップでの当時の買取レートは5,400円だったので83.0%です。それでも1万円以下の利用で考えれば悪くない条件です。

 

転売ツールとして人気の高いメルカリの場合は10%の手数料がかかるので、売れ筋の人気最新ゲームであればショップに売った方が有利です。
管理人は手数料無料かつ送料無料で直接会って取引をするメリカリアッテを使ったので、売るためにかかった手数料はありませんでした。

 

ただし、売れるまでの期間とメッセージのやり取り、受け渡しの手間などがかかりました。
売れるまでにかかった時間は30時間ほどです。人気の最新ゲームで新品未開封の条件でAmazonなどの通販サイトより500円ほど安く売れば安定して早期に買い手が現れるでしょう。

 

メルカリアッテは2018年3月で終了しました。無料の個人売買ツールとしては、ジモティなどがおすすめです。
原則、近所の人が対象になるので人口密度の高い場所ほど売れやすいです。
若干条件を下げて良ければ送料込みの条件にすることで、より早く買い手を見つけられます。
スピードやお手軽感を重視したいのであれば、お店に売った方がいいでしょう。

 

中古購入すればさらに換金率を高められると思いましたが、人気ゲームは店頭の中古価格とAmazonの割引価格で大差ありませんでした。
スマッシュブラザーズやモンハンなど人気ゲームの換金率は大体安定しています。
最新ゲームやランキング1位にこだわるのではなく、ロングヒットを期待できる定番ゲームを活用することをオススメします。

 

 

未成年でも利用できる

管理人が子供の頃は小学生でもゲームを手軽にお店が買取してくれましたが、今は法律が厳しくなってゲームソフトやマンガなども親権者の同意なしでは買取してもらえません。
大手チェーンだとマニュアルで保護者に電話確認を求められることもあるので、安易に同意書の捏造はしないようにしましょう。
ゲームであれば、理解のある親であれば同意を得やすいです。
事前に話をせずに買取店から電話連絡があっても、ゲームを売るならOKと承諾をしてくれる親も多いでしょう。

 

無条件で利用できるワケではないですが、未成年者でも比較的利用しやすい現金化方法です。
親の同意がネックになるのであれば、同意不要で利用できるキャッシュバック方式の現金化業者を利用してください。
買取系は基本的に本人確認と親権者の同意が必須になります。